神戸・大阪法務局への帰化申請手続きのことならご相談下さい

「朝鮮籍」とは?

 在日コリアンには、外国人登録証明書/特別永住者証明書の国籍欄が「韓国」と記載されている人のほかに「朝鮮」と記載されている人がいます。


「朝鮮籍」とは何か?

 “国籍欄に記載された「朝鮮」とは北朝鮮のことを指す”と解釈している人が世間には多くおられるようですが、国籍欄の「朝鮮」とは決して北朝鮮を指すものではありません。また、韓国のことでもありません。 では、朝鮮籍とは一体何なのでしょうか。

 ここで、日朝両国の歴史をみてみます。 1910年に朝鮮は日本に併合され、朝鮮人は、皆、一律に日本国籍を取得しました。 そして、朝鮮半島から(大部分は朝鮮半島南部から)多くの人がさまざまな理由で日本本土に渡ってきました。終戦とともに、朝鮮は日本の統治から外れることになり、日本に残っていた朝鮮人(以下、「在日コリアン」と表記します。)は、その後1947年に制定された外国人登録令に基づいて外国人として登録、管理されることになります(この段階ではまだ日本国籍も保持しています)。そして、外国人登録される際、在日コリアンの国籍については便宜上「朝鮮」として登録されました。 なぜかというと、当時、朝鮮半島はアメリカやソ連に分割占領された状態であり、有効な国家というものが存在しなかったからです。 つまり、国籍欄に記載された「朝鮮」とは、本来の意味での国籍ではなく、朝鮮という地域を表す、いわば外国人登録上の記号にすぎないのです。
 その後、朝鮮半島に、韓国(大韓民国)及び、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が誕生し、1952年のサンフランシスコ講和条約により在日コリアンは日本国籍を喪失することになります。 それと前後する頃から在日コリアンの中には、正式に韓国籍を取得し、外国人登録上の国籍表記も「韓国」に変える人が増えていきました。 理由として、韓国政府の働きかけのほか、1965年に日本と韓国との間で締結された協定に基づく日本での永住許可「協定永住権」を取得するためには韓国籍であることが条件とされていた為などの理由があります。 しかし、在日コリアンの中にはこれらの手続きを取ることなく、国籍表記が従来のままの「朝鮮」となっている人もいます。これが今日までつづく「朝鮮籍」の正体です。
 注意していただきたいのは、「朝鮮籍」の人は単に今までに韓国籍への変更手続きをしていないというだけであり、それが北朝鮮籍の取得に繋がるものではないということです。

 ちなみに、韓国、北朝鮮それぞれの国の法令によると、在日コリアンは韓国と北朝鮮のそれぞれの国籍を有する立場となります。しかし、実務の場においては、本国の国籍証明書(本国政府発給の旅券その他国籍を証する正式文書)の所持をもって国籍が判断されることになるでしょう。おな、日本は現在、北朝鮮を国家として承認しておらず、正式に北朝鮮の国籍証明書を所持して日本に滞在している在日コリアンというのは存在しません。


「朝鮮籍」の方の帰化申請

 「朝鮮籍」の方が帰化申請をする場合、必ずしも先に韓国籍に切り替えてからでないと帰化申請ができないわけではありませんが、帰化申請に必要な身分関係を証する書類のうち、韓国の除籍謄本や、家族関係登録事項別証明書など、取得できないケースが多いでしょう(取れるケースも存在します)。その場合、それ以外の書類で身分関係を証明する書類を整えていくことになります。具体的なことについては申請者によって異なってきますので、事前に管轄法務局に相談したほうが良いでしょう。



お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

帰化申請サポート事務所