−大阪・神戸・尼崎・伊丹・西宮・宝塚− 遺言・相続手続きでお悩みでしたらご相談ください

トップページ > 相続について > 相続人の確定

アイコン「花」 相続人の確定

 相続についての基本原則は民法で定められており、故人と親しかったからといって、勝手に財産を受け継いだりすることはできません。このように民法で定められたルールに従って遺産を受け継ぐことを法定相続といいます。
 これに対し、故人の残した遺言に従って財産を受け継ぐ方法を遺言相続といいます。故人が遺言書を残していない場合は、法定相続となります。


■ 法定相続人

 法定相続の場合に、財産を相続する権利を持つ者を法定相続人といいます。法定相続人については以下のように定められています。


配偶者たる相続人   血族相続人
妻(夫)

プラス
  第1順位:
  第2順位:直系尊属
  第3順位:兄弟姉妹
    ※第2順位は最近親どまり

 配偶者は常に相続人となります。血族相続人については、順位の高い者が優先して相続人となります。つまり、第1順位の者がいる場合は、第2、第3順位のものは相続人になれません。第1順位の者がいない場合に第2順位の者が相続人になり、第1順位の者も第2順位の者もいない場合に第3順位の者が相続人になります。

■ 代襲相続

 相続の開始以前に被相続人の子あるいは被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格・廃除によって相続権を失った場合、その者の子が代わって相続します。これを代襲相続といいます。
 更に、代襲者である相続人の子が死亡・相続欠格・相続廃除によって相続権を失った場合、孫が代わって相続します。これを再代襲相続といいます。
 相続人が被相続人の子の場合には子・孫・曾孫…と、代襲者は延々と続くことになりますが、相続人が被相続人の兄弟姉妹の場合は代襲者は甥姪までで止まります。


 

(代襲)
 
曾孫
(再代襲)
対象の者がいるまで

兄弟姉妹  
姪・甥
(代襲)

■ 法定相続人の確定調査

 相続人の確定調査は、被相続人の戸籍を元に行うことになります。具体的には、被相続人の死亡が記載された戸籍から、被相続人の出生時のものまで順に、全ての戸籍、改正原戸籍、除籍収集し、身分関係を確定していきます。
 実生活において家族同様に生活していた者でも、戸籍上、配偶者や子等になっていない者は相続人にはなれません。逆に、遺族にとって面識のない者でも、戸籍上、被相続人の子となっている者は相続人となります。




アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

遺言・相続 手続き相談所