−大阪・神戸・尼崎・伊丹・西宮・宝塚− 遺言・相続手続きでお悩みでしたらご相談ください

トップページ > 相続方法の決定

アイコン「花」 相続方法の決定

相続の方法には以下の3種類があります。

単純承認 相続放棄 限定承認
  3ヶ月以内に手続き

 相続方法のうち、相続放棄と限定承認については、自分が相続人になったことを知った時から3ヵ月以内に、相続放棄または限定承認の手続きをとらないといけません。この期間のことを熟慮期間といいます。熟慮期間内に何も手続きをしない場合は、自動的に単純承認をしたことになります。


■ 単純承認

 単純承認とは、現金や不動産などのプラスの財産も、借金などのマイナスの財産もすべて受け継ぐ相続方法です。
 熟慮期間内に相続放棄や限定承認の手続きをとらない場合だけでなく、以下の場合も単純承認をしたものとみなされますので注意が必要です。


  • 相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき
  • 相続人が、限定承認や放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠したり、私的にこれを消費したり、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき

■ 相続放棄

 相続放棄とは、一切の財産を相続しないことです。プラスの財産は相続し、マイナスの財産だけを放棄するようなことはできません。
 相続放棄をするには、熟慮期間内に相続人ごとに家庭裁判所に申述書を提出します。相続人が複数いる場合、一部の者だけが放棄することも可能ですし、全員が放棄することも可能です。

 生命保険金との関係
相続を放棄したとしても、生命保険や死亡退職金は受け取ることができます。これらは残された遺族のための生活保障のためと位置づけられているからです。

 債務の放棄に注意
相続放棄をすると、次の順位の者が新たに相続人になります。相続財産がマイナスであるために相続放棄した場合、次の順位の者も放棄をしないと債務を引き受けることになってしまうので注意が必要です。

■ 限定承認

 限定承認とは、プラスの財産の限度においてのみ支払うという条件つきで、プラスの財産とマイナスの財産を相続する方法です。
 限定承認をするには、熟慮期間内に家庭裁判所に限定承認の申し立てをしますが、限定承認は相続人全員の同意が前提となっており、相続人の中に1人でも単純承認をする者がいる場合は、他の相続人は限定承認の手続きをすることができません

(※相続放棄をする者がいる場合でも、それ以外の相続人全員の同意があれば限定承認はできます。)




アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

遺言・相続 手続き相談所