−大阪・神戸・尼崎・伊丹・西宮・宝塚− 遺言・相続手続きでお悩みでしたらご相談ください

トップページ > 遺言について

アイコン「花」 遺言について

 遺言(ゆいごん・いごん)とは、遺言者が、自分の死後の財産の処分方法などを示した、最後の意思表示のことです。  相続の際、遺言書があれば原則としてその内容に従わなければなりません。遺言書がない場合は、民法の規定に従って財産を分けることになります。(法定相続)
 遺言の方式は民法で厳格に定められており、誤った方法で作成すると、遺言の法的な効力がなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

■ 遺言書に書けること

 遺言書では何を書いても構わないのですが、法律上の効力を持つのは以下にあげた項目などです。

 財産・相続に関すること
  • 相続分の指定、指定の委託
  • 遺産分割方法の指定、指定の委託
  • 遺産分割の禁止(5年を限度とする)
  • 相続人の廃除、廃除の取り消
  • 相続人間の担保責任の定め
  • 遺贈
  • 遺贈の遺留分減殺方法の指定
  • 特別受益の持戻しの免除
  • 信託の設定
  • 遺言執行者の指定、指定の委託

 身分に関すること
  • 子の認知
  • 後見人および後見監督人の指定
  • 祭祀主宰者の指定


もっと詳しく ↓

≫遺言の種類と特徴

≫遺言執行者とは

≫遺留分とは




アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

遺言・相続 手続き相談所