〜西宮市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・川西市〜 相続・遺言手続きでお悩みでしたらご相談ください

トップページ > 遺言について > 遺言の種類と特徴

アイコン「花」 遺言の種類と特徴

 遺言の方式には、普通方式として自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言の3種類があり、それぞれに長所、短所があります。
 普通方式以外に、危篤状態、船舶遭難時、伝染病で隔離されているなど特別の状況下で行われる特別方式の遺言もありますが、ここでは説明を省きます。


■ 自筆証書遺言

 自筆証書遺言とは、遺言をしようとする者が自分の手で書いた遺言のことです。一番、手間をかけずに作ることができます。
 気をつけなればいけないのは、必ず全文を自書し(ワープロ不可)、日付(年月日まで)と、名前を書き、押印も忘れないようにするということです。
 自筆証書遺言は、相続開始時に家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

■ 公正証書遺言

 公正証書遺言とは、遺言内容を公証人に伝え、公証人が証書を作成する方式の遺言のことです。
 公正証書遺言の作成時には、証人2名の立会いが必要となります。証人は出来上がった遺言を確認し、書名押印をします。
 公正証書遺言は、公証役場にも保管されるので紛失の心配がありません。また、相続開始時に家庭裁判所で検認をする必要もありません。

■ 秘密証書遺言

 秘密証書遺言とは、遺言者が作成し封筒に入れた遺言に対して、公証人が証書提出日及び遺言者の申述内容を封紙に記載し、遺言者及び証人と共に署名押印する方式の遺言です。
 この際、遺言の中身についてはチェックされませんので秘密が保たれることになります。封筒は遺言者に返却され、遺言者が保管することとなります。
 秘密証書遺言は、相続開始時に家庭裁判所で検認を受ける必要があります。


アイコン「花」 長所と短所

【自筆証書遺言】
長所 ・費用がかからない
・遺言したこと自体を秘密にできる
短所 ・形式に不備があっても気付かないことがある
・紛失等、保管に注意が必要である

【公正証書遺言】
長所 ・公証人が作成するので、形式に不備がない
・公証役場でも保管されるので、紛失の恐れがない
短所 ・費用がかかる
・遺言内容が一部の人に知れる

【秘密証書遺言】
長所 ・遺言内容を秘密にできる
・改ざんの恐れがない
短所 ・費用がかかる
・中身の形式に不備があっても気づかないことがある


当事務所では、遺言書は最も信頼性のある公正証書遺言にすることを薦めております。



アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

相続・遺言手続きサポート