〜西宮市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・川西市〜 相続・遺言手続きでお悩みでしたらご相談ください

トップページ > 遺言について > 遺言執行者とは

アイコン「花」 遺言執行者とは

 せっかく遺言を書いても、それが実現されなければ全てがムダになってしまいます。 遺言執行者が選任されると、遺言執行者は相続人の代理人として相続財産を管理し名義変更などの各種の手続を行い、相続人は勝手に財産を処分することができなくなります。


■ 遺言執行者とは

 遺言執行者とは、遺言書の内容を具体的に実現するために選任された者であり、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有します。
 遺言執行者がいる場合には、相続人は、遺言の対象となった相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるような行為は一切禁止されます。

<遺言執行者の任務>
  • 相続財産の調査と、財産リストの作成
  • 相続人と受遺者への財産リストの交付
  • 受遺者に対して遺贈を受けるかどうかの確認
  • 遺言による認知があった場合の戸籍の届出手続き
  • 相続人を廃除する旨の遺言があった場合の家庭裁判所に申立て
  • 不動産の相続登記の手続き
  • 受遺者への財産の引き渡し
  • その他、遺言執行のための、相続財産の管理、処分行為

■ 遺言執行者の選任

 遺言執行者は、遺言で指定される場合と、家庭裁判所により選任される場合とがあります。

遺言による指定 通常、遺言をした遺言書のなかで指定されますが、別の遺言書で指定しても構いません。
家庭裁判所による選任 遺言執行者がないとき、またはなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によってこれを選任することができる。

 遺言執行者は未成年者、破産者を除き、だれでもなることができます。相続人や受遺者を遺言執行者に指定することも差し支えないとされています。しかし、利害関係のある者が遺言執行者を務めると、他の利害関係人との間で揉めるケースも多く、手続きがスムーズに進まなくなる恐れがあります。できれば利害関係のない者、そして法律に詳しい弁護士、行政書士などを選任することが、紛争を防止する意味でも望ましいとされています。

※ 当事務所では、遺言執行者への就任もお受けしておりますので、お困りのときはご相談ください




アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

相続・遺言手続きサポート