〜西宮市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・川西市〜 相続・遺言手続きでお悩みでしたらご相談ください

トップページ > 遺言について > 遺留分とは

アイコン「花」 遺留分とは

 遺留分とは、特定の相続人に対して、最低限度に保証された一定割合の遺産のことをいいます。たとえ財産の全てを相続人以外の第三者に遺贈する遺言書が書かれていたとしても、残された家族のために一定の取り分を確保しようと設けられた制度です。
 注意しなければならないのは、遺留分を侵害する遺言書がただちに無効というわけではなく、有効であるということです。遺留分を侵害されている者が権利を行使せず放っておくと、遺贈などを受けた者がそのまま財産を取得することになります。


■ 遺留分権者

 遺留分の権利を持つものを遺留分権者といいます。遺留分権者は法定相続人のうち、配偶者、子、直系尊属です。兄弟姉妹には遺留分はありません。

妻(夫) ≪有り≫   第1順位:≪有り≫
  第2順位:直系尊属≪有り≫
  第3順位:兄弟姉妹≪無し≫

※ 赤字で示した者(配偶者、子、直系尊属)にのみ遺留分がある。

■ 遺留分の割合

 遺留分で保護される割合は、通常は遺産の1/2ですが、相続人が直系尊属のみである場合は1/3となります。

相続人が
 ・配偶者+子
 ・配偶者+直系尊属
 ・配偶者+兄弟姉妹(うち、遺留分があるのは配偶者のみ)
 ・配偶者のみ
 ・子のみ
のいづれかの場合
総遺産
1/2  
遺留分  

相続人が直系尊属のみの場合
総遺産
1/3    
遺留分    

相続人が複数いる場合は、遺留分をさらに法定相続割合で分割します。

■ 遺留分減殺請求

 遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害されている相続人が、遺留分を侵害している受遺者や受贈者などに対してその侵害額を請求することです。
 方法は、内容証明等によって意思表示をするだけで足ります。裁判上の請求などは必要ありません。
 なお、以下の期間を経過すると、請求する権利は消滅してしまいますので注意が必要です。

  • 相続開始と、減殺すべき贈与や遺贈を知ったときから1年
  • 相続が開始されたときから10年




アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

相続・遺言手続きサポート