就労ビザ(在留資格)

就労ビザ(在留資格)とは

 外国人が日本に入国・滞在するためには、在留資格が必要となります。この在留資格のことを一般的にビザと呼んでいます(本来は、ビザとは在留資格のことではなく「査証」のことを指します)。 そして、現在、在留資格には29の種類があり、在留資格の種類ごとに、日本において行うことができる活動というものが定められております。その中でも、外国人が日本で働くための在留資格をまとめてに就労ビザと呼んだりします。

就労ビザ(在留資格)申請のむずかしさ

 就労ビザ(在留資格)の申請で難しいのは、他の許認可とは異なり、許可/不許可に関して入国管理局の裁量が大きいため、専門家であっても申請前に許可/不許可の結果が読みづらく、また、結果が出るまでの審査期間も読めないということです。

 特に、申請書類として提出を求められている最低限の定型的な書類の他に、「活動の非虚偽性」を証明するためにはどういった書類を提出すれば良いのか明示されておらず、事前に入国管理局で具体的な指示を仰いだり協議したりすることもできないので、申請者ごとに、どのような書類をどれだけ提出するのが有効なのか検討していかなければなりませんが、これには高度な知識や経験が要求されます。

 そして、最終的に許可が得られない場合は、対象の外国人の今後の仕事に影響を与えるだけでなく、既に日本において生活している外国人の場合、本国へ帰国しなければならないことにも繋がります。

就労ビザ(在留資格)取得サポート

 当事務所では、就労ビザ(在留資格)の申請サポートを行っております。当事務所の行政書士は、入国管理局への申請取次の資格を有しておりますので、本来、本人の出頭が義務付けられている入国管理局への申請を、本人に替わり取り次ぐことが認められております(士業で申請取次の資格を有することができるのは行政書士と弁護士のみです)。

 就労ビザ(在留資格)の、取得や更新のことでお困りでしたら、一度、前田行政書士事務所までお問い合わせください。

報酬額

報酬の表示はすべて税抜き価格です。
◆技術・人文知識・国際業務
◆企業内転勤
◆技能
◆高度専門職
在留資格認定証明書 130,000円~
就労資格証明書 130,000円~
在留資格変更 130,000円~
在留期間更新 60,000円~
◆経営管理 在留資格認定証明書 200,000円~
在留資格変更 200,000円~
在留期間更新 90,000円~

※ ご依頼の内容によって、上記報酬以外に収入印紙代、各種証明書の書類交付手数料等が発生します(実費精算)。詳細はお問い合わせください。


虚偽の内容による申請には協力いたしません

 お客様の中には、事実に反する内容での申請など、不正な手段による就労ビザ(在留資格)の取得を望まれる方もおられますが、当事務所では、就労ビザ(在留資格)にかかわらず、不正な手段による在留資格の取得には一切協力いたしません。 また、「申請書類は自分たちで準備するので、入国管理局への提出だけお願いしたい」という希望にも応じられません。

お問い合わせ

 ご依頼に関するお問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせフォームから。

電話 072-773-8011

ページの先頭へ