神戸・大阪法務局への帰化申請手続きのことならご相談下さい

帰化とは

 日本への帰化とは、外国人からの日本国籍の取得を希望する旨の意思表示に対して、国家がその外国人に対して日本国籍を与える制度です。日本では、帰化を許可する権限は法務大臣にあります。



帰化のメリット

 日本に帰化するということは、法律上日本人になるということです。日本人になるということは、日本国民としての一切の権利を享有するようになるということです。




  • 日本のパスポートが取得でき、海外への渡航が比較的簡単になる
  • 再入国許可が不要になり、出入国が自由になる
  • 退去強制の対象から外れる
  • 参政権が与えられる
  • 就労活動に制限がなくなる
  • 日本人同様に様々な行政サービスを受けることができる
  • 配偶者や子供が日本人の場合、家族で同じ戸籍に入ることができる

 なお、法律上日本人になるということは、日本国民としての権利を享有すると同時に、日本国民としての義務も負うことになるということを忘れてはいけません。



永住と帰化の違い

 永住が外国人の日本における在留資格の一種であるのに対し、帰化は外国人が外国の国籍を離脱して日本国籍を取得することという点で大きく異なります。 また、申請窓口も、永住は入国管理局ですが、帰化は法務局となっています。




  永住 帰化
国籍 外国籍 日本国籍
パスポート 外国人 日本人
再入国手続 必 要 不 要
強制退去 対象となる 対象とならない
参政権 な し あ り
根拠法 入管法(※) 国籍法
申請窓口 入国管理局 法務局
   ※ 入管法: 出入国管理及び難民認定法

お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

帰化申請サポート事務所